シリコン入りのシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプー

シャンプーのパッケージを見ていて時々「ノンシリコン」という言葉を目にすることはありませんか?ノンシリコンと表示されていないシャンプーはシリコン入りということなんでしょうか?

 

「ノンシリコン」とはどんな意味で、入っているのと入っていないのとではどんな違いがあるか知っていますか?

シリコン入りとノンシリコンシャンプーの違いは?

シリコンシャンプーは「シリコン」が入っているシャンプー、ノンシリコンシャンプーはその逆で「シリコン」が入っていないシャンプーです。

 

シリコンをシャンプーにいれる目的は?

  • 髪表面をコーティングする
  • 手触りが良くなる
  • 髪を整えるためのブラッシングがしやすくなる
  • ドライヤーの熱から保護する

 

つまり髪の手入れをしやすくしてくれるというメリットがあります。もしパッケージにアモジメチコン、ジメチコンコポリオール、シクロメチコン、シロキ、シリカといった成分表記があったら、シリコンが入ったシャンプ―ということなんです。

シリコン入りのシャンプー使うとどんなデメリットに?

シリコンシャンプーは髪質を調整してくれるので、メリットが高く感じますがデメリットもあります。例えばシリコン入りだと髪のふんわり感やボリュームが出にくいので、髪を立たせたい人には不向きです。

 

ノンシリコンシャンプー

また頭髪の毛穴を詰まらせる可能性もあります。コーティング力が強いために毛穴まで塞いでしまい、それが吹き出物の原因になるとこともあります。

 

全ての人に起こるわけではありませんが、シャンプーの時の洗い流しが悪かったりするとノンシリコンのものよりも可能性が多くなってしまいます。

 

他にはシリコンが保湿力をもった油成分であるという点ことです。油成分なので、敏感肌の人には向いていないこともあります。

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットは?

ノンシリコンシャンプーにはどんなメリット・デメリットがあるでしょうか?

 

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット
メリット

  • 髪をふんわりとさせる
  • 髪を染めたりパーマをしやすくする
  • 頭皮への負担が少ない

 

デメリット

  • 手触りがあまりよくない
  • シンリコンシャンプーより値段が高め
  • ドライヤーの熱に強くない

 

メリットとしては、ノンシリコンシャンプーを使うと髪がふんわりとします。シリコンシャンプーは髪をコーティングするのでその分髪が重くなってしまうけれど、ノンシリコンシャンプーは髪を重たくしないので髪をふわっと立たせやすくなります。

 

また髪表面をコーティングしないので、カラーリングなどに使われる溶液がちゃんと浸透して、髪を染めたりパーマをしやすくしたりできます。

 

シャンプーは毎日使うものなので、敏感肌でシリコンシャンプーの油成分が肌に合わないという人や、頭皮への負担を少なくしたいという人にはノンシリコンシャンプーの方がいいですね。

 

デメリットは、髪がシリコンでコーティングされなくなるので、シリコン入りのものと比べると髪がパサパサしたり手触りの良さが落ちたりします。

 

また値段がシリコンシャンプーと比べると高めです。ドライヤーの熱にも強くないので、ドライヤーをよく使うという人はドライヤーの使い方を気を付けましょう

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーにはそれぞれメリット・デメリットがあります。すべての人にこっちの方が良い!ということは言えません。

 

頭皮が敏感肌かどうか、髪をふわっとさせたいかしっとりとさせたいか、カラーリングをするか、手触りが特に気になるかなど、好みに合わせたシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

最近は、「髪に不要なものはできるだけ入れない」というコンセプトのシャンプ―や白髪染めもあって髪へのいたわりが注目されているので、まずは自分の髪質、肌質を見極めるようにするといいですね。

シリコン入りのシャンプーのメリットとデメリット関連ページ

頭皮にやさしいシャンプー!髪にやさしい洗髪方法
頭皮にやさしいシャンプー!髪にやさしい洗髪方法
髪の毛をサラサラにする方法とは?
髪の毛をサラサラにする方法とは?
中年からのエイジングヘアケア!若返りできるダメージヘア対策
中年からのエイジングヘアケアのポイントってなんでしょうか。髪のダメージを減らしながらしっかり補修して、若い頃のように髪を蘇らせる方法を紹介しています。
白髪を予防するならコレ!白髪予防と薄毛改善は同時に行える
40代にもなってくると、白髪や薄毛が目立って気になりますよね。老化によるある程度の髪の衰えは仕方ありませんが、ケアによっては少しでも頭皮や髪の衰弱を遅くすることは可能です。髪ケアの基本について紹介しています。