同年代で白髪が多い人と少ない人がいるけどその違いは?

白髪が少ない人と多い人

白髪を見つけるととにかく気になるものです。40代にもなるとその数がどんどん増えてきて、白髪染めを使うかどうかを悩んでしまいます。

 

同年代の人の白髪の状況も自然と気になってきますね。自分と同い年くらいなのに自分より白髪が少ない人がいることに気づくとちょっとショックを受けたりします。

 

白髪の多い少ないに違いがあるのはどうしてなのでしょうか?

 

 

40代くらいから白髪になるのはどうして?

白髪が少ない人と多い人

髪の毛はもともと白髪なんです。黒かった髪が白くなるのではなく、白い髪が黒くならずに出てきたのが白髪です。髪が黒くなるのは、メラノサイトという色素細胞がメラニン色素を作って黒くしているからです。

 

メラノサイトの老化が進むと活動がだんだんと低下してしまい、黒く染められずに白髪がそのまま出てきてしまいます。40代になるとメラノサイトが一気に減るので、30代後半から40代にかけて白髪が急に目立つようになったと感じる人が多くなります。

年齢の割に白髪が少ない人はどんな頭皮状態なの?

白髪には個人差があって、40代の人がみんな同じように白髪が生えるわけではなく、多い人もいれば少ない人もいます。エイジングのスピードも人それぞれというわけですね。

 

40代以降で白髪が比較的少ない人は、どんな頭皮状態なのでしょうか。白髪か黒髪になるかはメラノサイトの働きによるので、頭皮のメラノサイトにしっかりと栄養が行きわたっている人は、年齢がそこそこいっていても黒い髪をまだまだ楽しめるわけです。

 

メラノサイトの働き(髪を黒くする)を低下させる原因

  • 老化
  • ストレス
  • 栄養不足
  • 睡眠不足 など

 

老化の他にいろんな原因で血流が悪かったり血中の栄養素が少ない人は、頭皮にめぐる栄養も十分ではなくなり、結果メラノサイトが順調に働かず白髪が生えてきてしまいます。

 

年齢の割に白髪が少ない人は、規則正しい食生活や睡眠、ストレスフリーな生活を送っている人といえますね。良い生活習慣→メラノサイトが順調→白髪が少ないというメカニズムなのですね。

白髪から黒髪に戻ることはあるの?

白髪の大きな原因のひとつは老化です。老化は自然現象なので、老化が原因の白髪は基本的に黒髪に戻ることはありませんが、生活習慣やストレスが原因の一時的な白髪は回復が期待できます。白い状態ではえてきた白髪も次に生え変わるときは黒髪で生えてくるということはあります。

 

老化以外の原因の白髪対策

  • しっかり栄養を摂る
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 筋肉量を増やす
  • 血流をよくする

 

頭皮にしっかり栄養が行きわたることは大事です。頭皮マッサージをして血流を良くしたり、栄養をしっかりと取り入れることが大切です。

 

食生活もビタミンやミネラルといった基本重要栄養素を野菜などでしっかり摂ったり、十分な睡眠時間を確保すること(7時間くらい)、筋トレなどをして筋肉量を増やし、血がめぐるためのポンプとして筋肉が良く機能するようにするといいですね。

 

40代くらいになると平均的にほとんどの人が白髪が生えてきますが、白髪の多さには個人差があり同年代でも自分より少ない人もいます。老化以外にも白髪の原因はたくさんあります。

 

老化の場合は仕方ないとしても、できるだけ規則正しい生活習慣を身につけることで白髪を改善できる可能性は高くなります。自分のライフモードを見直して、健康な黒髪をできるだけキープできるように努力しましょうね。