ジアミンアレルギーや白髪染めで副作用する人の症状や対策

ヘアカラー

美容院のカラーや市販のヘアカラーは、黒髪の色となるメラニン色素を一度抜いてから、染料で染め上げますが、色を抜くのが過酸化水素を使います、刺激が強く髪のキューティクルだけではなく頭皮も傷つき、毛穴に薬剤が微量でも入ると、体内に残る可能性もあるので、注意したほうがいいでしょう。

 

特に、白髪染めを繰り返していると、じわじわと頭皮にダメージが与えられ、最終的に、白髪染めをしているときに、痛みや痒みが出たり、かぶれたりなどの頭皮トラブルを起こしてしまうこともあります。

 

頭皮が健康でなければ、健康な髪の毛は生えてこない、生えてきても切れ毛や縮毛になったりなど不自然な生え方をしたりします。

 

頭皮や髪の毛にに与えるダメージを最小限にするように心がけることが大切ですね。

 

白髪染めで頭皮や髪の毛にダメージを少なくするには

  • 染める前後の髪のケアをしっかりとする
  • 頭皮により刺激の少ない薬剤を選択する
  • 染める間隔を十分に空ける(頭皮が回復する2か月程度が目安)

この方法は、ヘアカラーや美容院でのカラーをする場合になります、一度でも白髪染めアレルギーになった人は、使わない方がいいので、ヘナか、ヘアカラートリートメントに切り替えるのがオススメです。ヘアカラートリートメントは、天然成分の染料しか使っていないので、頻繁に使っても、頭皮にダメージを与えることはありません。

 

利尻昆布の口コミレビュー

 

市販のヘアカラーなどの薬剤に含まれる成分にジアミンがあります。このジアミンによるトラブルにジアミンアレルギーがあります。

 

ジアミンアレルギーの症状

  • 頭皮の腫れ
  • かぶれ
  • かゆみ
  • 湿疹
  • じんましん
  • アナフィラキシーショック
  • 呼吸困難
  • 意識障害

 

ヘアカラー痛い

市販の白髪染めを使った時に頭皮がヒリヒリしたという経験をした人も多いのではないでしょうか。

 

このくらいは大丈夫でしょと思っていても実は既に軽度のアレルギー症状なんです。

 

ずっと使い続けていた白髪染めである日突然、アナフィラキシーショックという過剰なアレルギー反応がでることがあります。

 

アナフィラキシーショックは、重篤な状態に陥る可能性もあり、最悪のケースだと死に至った例もあるほどです。こんなに危険性が高いジアミン系の白髪染めなのに、残念ながら市販されている白髪染めの多くが、ジアミンを含んでいるという現状なんです。

 

ジアミンのかぶれの場合、回数を重ねるごとに症状がどんどんひどくなっていきます。症状が重くなると顔が腫れたりします。

 

ジアミンは何年もかけて体内に蓄積されて突然発症するという怖さをもっています。対処法としては、染める前にパッチテストをして症状を感じたらジアミンが入っていない白髪染めを使う方が賢明ですね。また、一般の白髪染めはジアミンによるアレルギー症状だけではありません。

 

ジアミン以外の白髪染めの副作用

  • 湿疹やかぶれなどの頭皮トラブル
  • 呼吸困難
  • 頻脈
  • 悪寒
  • 失明(目に入った場合)
  • 白内障
  • 造血機能低下
  • 腎臓障害
  • 肝臓障害

 

ヘアカラー痛い

白髪染めの染毛剤は、分子が小さいので体内に入りやすく、有害性のある化学物質が吸収されて、腎臓や肝臓への負担をかけてしまいます。

 

腎臓は体内に入ってきた異物や老廃物を濾過する役目を持っています。白髪染めによって毒性の強いものが取り込まれると腎臓の負担は大きくなり、腎臓障害を引き起こしてしまいます。

 

肝臓には解毒作用があります。しかし白髪染めに含まれる合成化学物質は肝臓では分解できないので、発がん性のリスクが高まってしまいます。腎臓や肝臓がもともと悪いという人は、使用を控えたほうがいいですね。

 

一般の白髪染めに入っている成分には毒性のある物質があります。

 

一般の白髪染めに入っている有害成分

  • パラフェニレンジアミン
  • アミノフェノール
  • レゾルシン
  • 過酸化水素 など

この4つの化学物質の毒性は農薬の約140倍です。20cc程でで致死量になるほどの毒性のあるものを目や耳、鼻や口に近い髪の毛や頭皮に直性塗っているのです。ちょっと恐ろしくなりますよね?

 

やはり、できるだけ、使わずに、白髪を隠すためなら、手軽なヘアカラートリートメントに切り替えるのがオススメです。

 

天然染料・安心の白髪染めトリートメントランキング

ダメージ少ない白髪染め方法は?記事一覧

一般のカラーや美容院でカラー中にアレルギー反応がでるのは、別に、アレルギー体質の人だけとは限りません。白髪染でアレルギー反応を起こす原因としてほとんどがそうなのですが、約70%はジアミンアレルギーが占めています。ジアミンアレルギーの症状頭皮の赤みや湿疹フケかぶれ頭皮の腫れかゆみじんましんアナフィラキシーショック呼吸困難意識障害ちょっとしたかゆみやピリピリくらいでは、大丈夫と思っている人が多いですが...

界面活性剤といえば、シャンプーと考えがちですが、白髪染めの染色剤にも刺激性の強い界面活性剤が使われています。これは汚れを落とすという役割ではなく、柔軟作用、帯電防止作用として、使われています。成分としてはXXXクロリドというのが有名ですが、刺激性物質には変わりはありません。刺激性の強い界面活性剤は石油から作られています。つまり石油から作られた合成界面活性剤を使っていないものが、界面活性剤不使用とい...

地肌に優しい白髪染めをする方法としてヘナがあります。ヘナは世界で唯一髪を染めることのできる植物です。髪の主成分のケラチンに絡みつく性質で髪が染まります。キューティクルに薄い膜を作って、髪をコーティングすることでトリートメント効果が発揮されて、ツヤ・ハリ・コシなどが出ます。また、皮脂の分泌を調節する働きと抗菌作用もあるので、頭皮を健康に保つ効果もあります。メリットがたくさんあるヘナですが、デメリット...

海藻類の中に含まれているフコダインは、髪の毛に良い影響を与えてくれます。高い保湿力があって、頭皮の潤いを促進する助けをしてくれます。肌に保湿が大切なように頭皮も保湿は重要です。頭皮が乾燥すると頭皮が硬くなって血流が悪くなります。血流が悪くなると毛髪に十分な栄養が行き渡りにくくなって、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。昆布由来のフコイダンは、髪の毛の毛母細胞、特に髪の成長因子に働きかける効果があ...