界面活性剤といえば、シャンプーと考えがちですが、白髪染めの染色剤にも刺激性の強い界面活性剤が使われています。

 

これは汚れを落とすという役割ではなく、柔軟作用、帯電防止作用として、使われています。

 

成分としてはXXXクロリドというのが有名ですが、刺激性物質には変わりはありません。

 

刺激性の強い界面活性剤は石油から作られています。つまり石油から作られた合成界面活性剤を使っていないものが、界面活性剤不使用ということなんです。

 

しかし実際は植物や動物性の合成界面活性剤を使っているものがほとんどです。どうしても界面活性剤が入っていない白髪染めがしたいならヘナしかありません。ヘナで染めるにしても一長一短があるので、自分に合った白髪染めを探すことも大切ですね。

界面活性剤が入っていない白髪染めはある?関連ページ

ジアミンアレルギー(アレルギー体質じゃなくてもなる)
ジアミンアレルギーは、特に敏感肌やアレルギー体質じゃなくてもなるって知ってますか?アトピー肌でもないから関係ないいう人でもジアミンの危険性は知っておいたほうがいいかも・・
地肌に優しい毛染めとは?ヘナ?
地肌に優しい毛染めとしてのヘナは、本当に頭皮にもよいのでしょうか?
フコイダンで育毛効果できる?頭皮環境も良くなる?
フコイダンの保湿効果で育毛ができると思いますか?天然成分で薄毛や抜け毛対策ができたらうれしいと思いませんか?