美容院でカラーリングするのが安全と思っていた大きな間違い

白髪染めが痛い

美容院で白髪染めするからプロに任せているし、費用だってそれなりにかかる分、完璧にしてくれるって思っていました。

 

当然髪もキレイにしてくれるけど、頭皮の健康についても気を配ってくれているとばかり思っていませんか?

 

でも、頭皮の健康には気を使っていない、というのが正しい答えなんです。

 

美容院のカラーリングの特徴は?

  • 過酸化水素水を使って色を抜いてから化学染料で染める。
  • 強い成分の薬品で髪が傷むのをカバーするため沢山のトリートメント剤を使用。
  • 仕上げはキレイに染まり髪艶もよくなるが、頭皮や髪の健康には悪い

 

薬局などで一般的に売っているヘアカラーは、安くて自宅で手軽に染められるので、白髪染めの初心者にとっては選びやすくていいですね。

 

頭皮に危険なヘアカラー

でも、あれって恐ろしく髪や頭皮、健康にも悪影響が大きいんですね。

 

永久染毛剤ともいうけど、成分に強い刺激のある薬剤がはいっているので、手袋も必要だし、肌に直接触れないように、とか目に入ったら、すぐ洗うようにとか、注意書きもすごく取扱いに慎重に書かれていますよね。それだけアルカリ度が高く、体につくだけでも危険ということなんですね。

 

このヘアカラーとほぼ同じ成分の白髪染めを美容院でも使っているのです。違いといえば、肌を保護するためのトリートメント剤を使っているかどうか、だけと言っても過言でないでしょう。

 

このヘアカラーには、ジアミン系の染料や、色を抜くときの過酸化水素が入っていて、これらは、発癌性があると言われています。

 

ヘアカラー 発がん性

本来、口から入ったら、毒物として扱われるもので、肌に使用する場合微量であれば、として許されたものなんですね。かと言っても、肌に直接つけば炎症してしまう危険性だってあります。

 

その人の体質やまたそのときの体調にもよって、アレルギーの症状がでる場合とそうでない場合に分かれます。

 

でも、危険な成分なので、本来は自分の身体のためには使わないほうが無難です。

 

特に、皮膚から入った毒物というのは、口から入って、胃腸で処理されるものと違い、消化しないという特徴があり、体の中に残り、少しずつたまってしまう傾向です。

 

ガンだけでなく、いろいろな病気の温床につながるといわれていますので、健康に注意する人は、少しでも使わない生活に切り替えるべきでしょう。

毒が全く入っていないヘアカラートリートメントの効果は?

トリートメントで白髪が染まるヘアカラートリートメントは、発がん性があるといわれている過酸化水素は一切使っていません。

 

天然成分ルプルプ白髪染め

もちろん、悪者扱いされるジアミン系の成分も全く0です。

 

天然成分がメインで、一部界面活性剤の使用はあるものの、これは石鹸にも入っているので、ほとんどの人が抵抗なく使えるでしょう。

 

しかも髪や頭皮を育成する成分も入っているので、カラートリートメントで白髪を染めているだけで良い効果もあるんですね。

 

白髪染めトリートメントポイントヘアカラートリートメントのメリットは?

  • 昆布や海藻、花など植物性天然成分がメインで安心
  • 刺激の強い成分は使わないで染める
  • 基本的に手袋など不要、自宅で楽に染まる
  • 美容院に比べて費用が安く、頭皮にも良い
  • 頭皮活性化成分あるので抜け毛や薄毛改善に◎

 

白髪染めトリートメントポイントヘアカラートリートメントのデメリットは?

  • 自然素材の染料だから1週間で色落ちする
  • 自分で染めると後頭部が見えにくいから染めむらしやすい
  • 洗面所など少し汚れる
  • 洗い流し甘いと耳が黒いときある

 

上のようなメリットとデメリットがあるので、美容院の毛染めや市販のヘアカラーと比べて、ヘアカラートリートメントってだいぶ違うことにわかるでしょう。

 

ヘアカラートリートメントの使い方の注意についても紹介しましょう。

 

染めるときの注意
  • 後頭部周辺など染め残ししやすいので鏡をしっかり利用しよう
  • 最後のすすぎはしっかりすすぐ!染料を残って耳の後ろ黒い、とか頭皮が黒いなんて人、たまに見かけます。

白髪染めトリートメントはしっかり染めることができても、最後のすすぎが中途半端で、せっかく頭皮や体にやさしいものを使っているのに、すすぎが甘くて染料が残っているという人がいます。頭皮の皮膚呼吸ができにくくなるので、かえってダメージ肌になりやすくなってしまいます。よく注意しましょう!

 

はじめて使う白髪染めトリートメントは、こちらがおすすめ!

ルプルプは初回購入1980円(税込)

 

髪色にこだわり、ヘッドスパ効果のある白髪染めはこちら

レフィーネヘッドスパトリートメント

 

ヘアカラートリートメント体験後

 

選び方の注意
  • 天然成分に追求しすぎると染まりにくい
  • ヘアカラートリートメントであればジアミン系成分は使っていないので、どれ選んでも大きな差はない。
  • ヘアカラートリートメントの染まり方は製品によって様々。自分に合うものを選びましょう。