白髪染めで抜け毛になる原因とは?

ドラッグストアやホームセンターには、いろいろな市販の白髪染めが女性用だけでなく、男性専用のものまで所せましと並べられていますよね。今やセルフで白髪染めするのはとても簡単になりました。しかも、昔に比べると色のバリエーションも豊富になっています。

 

しかし、市販の白髪染めで抜け毛が増えるとしたら、ちょっとこわくないですか?市販の白髪染めを使うとすぐに抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

 

抜け毛になる主な原因

 

結論からいうと、市販の白髪染めが直接抜け毛の原因にはなりません。問題なのはセルフで白髪染めをするということ自体なんです。

 

自分の目で見える髪の毛の部分といえば、額からこめかみ・もみあげと頭頂部手前の分け目くらいでしょうか?それ以外はズバリ、勘で、手探りで染めていきます。

 

本来なら頭皮についてはいけないカラー剤が、手探りのために頭皮にベタベタとついてしまいます。頭皮につかないようにカラー剤を塗っていくのは至難の業。これは、ベテランの美容師でも技術の要る技なのです。素人の手探りではムラになってしまいます。

 

この頭皮についてしまったカラー剤を、専用のシャンプーでしっかり洗い流せればいいのですが、自宅にあるシャンプーもまた市販のものがほとんど。普段の汚れは落とせてもカラー剤が頭皮についてしまうとなかなか取れません。

 

落としきれなかったカラー剤によって頭皮環境は悪化します。毛穴に汚れが詰まり、頭皮が乾燥して、髪の毛が切れたり抜けたりする原因となってしまうんです。

 

ヘアカラーの薬剤の強い成分

 

市販の白髪染めは、髪色や髪質問わずどんな人でもしっかり染めることができるように、強い成分の薬剤が配合されています。

 

素人が扱うものなのに、なぜ強い成分の薬剤なのでしょうか。頭皮につくのは当然のことだと考えるべきで、より負担の少ない成分にしないのはなぜなのでしょう。

 

それは、素人だからこその「染め上がり重視」なんです。

 

美容院で白髪染めするなら、技術をもった美容師が染まり具合を確認しながら染めてくれます。でも、セルフの場合は自分で判断しなければなりません。自分ではわかりにくいと思いませんか?パッケージに書いてある時間を目安に洗い流してしまいますよね。

 

流すのはもちろん市販のシャンプーです。市販の強いカラー剤をきちんと落とせる専用のシャンプーはほとんどの家庭にはありません。落としきれなかったカラー剤が頭皮の汚れとなって残り、毛穴に詰まったりして頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

ジアミンや過酸化水素

 

ジアミンにはいろいろな種類があります。白髪染めに多く使われているジアミン系染料はパラフェニレンジアミンやトルエン-2,5-ジアミンが多く、このジアミン系染料が配合されるようになって近年の白髪染めは飛躍的に染毛効果が高くなりました。

 

ジアミン系染料は発色効果を高めるはたらきをもっていて、白髪にもきっちり濃い色が入ります。また、濃い色の髪を明るくしたり、配合する色によって様々な色味を出すことができるので、白髪染めになくてはならない成分となっているのです。

 

しかしジアミンは、発がん性物質であるためEU諸国では劇薬に指定されていて、カラー剤に入れることを禁止している国もあります。日本ではジアミンに対する危機感はあるもののそれを禁止するまでには至っておらず、ジアミンアレルギーを発症する人は年々増えている現状です。

 

そして過酸化水素は白髪染めのいわゆる2剤にあたるもので、1剤に含まれるアルカリ剤で開かれたキューティクルの隙間から入り込んで髪の内部の色素(メラニン)を破壊して色を抜いたり(ブリーチ・脱色)、アルカリ剤と一緒に1剤に入っている酸化染料(ジアミン系染料など)を酸化させて発色させたりするはたらきがあります。

 

過酸化水素は白髪染めにはとても有効な成分なのですが、アルカリ剤とともに髪に大きなダメージを与える成分として知られています。

 

美容院の毛染めも危ない?

 

セルフで白髪染めするよりも断然きれいに仕上がるのは美容院での施術ですよね。プロの白髪染めの技術には頭が下がります。

 

しかし、美容室で使われているカラー剤もまたジアミンや過酸化水素が配合されたものなんです。

 

ただ、市販のカラー剤よりは薬剤の強さを調節してもらうことができ、プロの技術で頭皮につかないように塗っていくなどの対応をしてもらえるので、安心です。それでも念のため、薬剤を塗る前に頭皮につかないようにひとことお願いしておく方が無難です。

産後に抜け毛増えたら白髪染めできない?

 

産後にはホルモンのバランスが崩れて抜け毛が増えます。このとき、頭皮は非常に敏感な時期になりますので、ホルモンバランスが落ちつくまでは白髪染めは控えた方が良いです。

 

とはいえ、女性ですから産後でもオシャレでいたいですよね。抜け毛で悩む時期でも使える白髪染めなんてあるんでしょうか?

 

産前・産後と抜け毛の関係

 

赤ちゃんを出産する前の女性の身体は女性ホルモンが多量に分泌されています。プロゲステロン(黄体ホルモン)もエストロゲン(卵胞ホルモン)も妊娠8〜9か月ころ最大の分泌量になり、そのあとは徐々に減り始めて出産とともに激減します。

 

髪の毛に関していうなら、エストロゲン(卵胞ホルモン)は育毛効果があって、妊娠中はめいっぱい分泌されています。このエストロゲンのおかげで退行期に入っても抜けずにそのまま残っていた髪の毛が、出産とともに激減するエストロゲンの分泌量にともなって一気に抜け落ちてしまいます。

 

このホルモンバランスが落ちつくまでにかかる期間はだいたい産後6か月〜1年くらいです。早い人なら半年ほどで抜け毛も落ち着くというわけです。

 

産後でも使える白髪染め

 

産後でもオシャレでいたいあなたにおすすめする白髪染めは、ヘナとヘアカラートリートメントです。

 

ヘナもヘアカラートリートメントも名前くらいなら耳にしたことはあるでしょうか?どちらもジアミンや過酸化水素とは無縁の染毛成分を使っていますので、安心な白髪染めなんです。

ヘナで白髪染めは本当に安全?

ヘナはペルシャやエジプト・インドが原産国で、乾燥した地域に育つ常葉低木の葉からとれる天然の染料です。ヘナの中でもペルシャ産のヘナが一番良質とされていて、ヨーロッパではトリートメント目的でペルシャ産ヘナが使われています。

 

ほとんどの場合は天然成分として身体に優しいとされていますが、ヘナは植物ですので、人によってはアレルギー症状が出てしまう場合もあります。

 

ヘナを使って白髪染めする前にも、必ずパッチテストを行わなければいけません。

 

ヘナの成分

 

ヘナを使って白髪染めするなら、100%純粋なヘナを使わないと意味がありません。というのも純粋なヘナは、そのままだと赤〜オレンジの色に染まります。(ただし、ヘナで染められるのは白髪だけです。白髪が少ない場合はメッシュをいれたくらいの仕上がりです。)

 

もしも赤〜オレンジ以外の色に染め上がる『ヘナ』があるとすれば、それは100%純粋なヘナではなく、発がん性物質が含まれているといわれる『インディゴ』やジアミンなどの頭皮に強い刺激を与える化学成分を配合している可能性がとても高くなります。

 

使い方やリスクは?

 

使い方はとても簡単です。ヘナは粉で売られていることが多いので、まずお湯を混ぜてペーストにします。固さは髪の毛に塗ってたれない程度にしておきましょう。髪の毛に塗り終えたら頭をラップやタオルなどで包んで保温・保湿をした方が、色が入りやすいです。1時間ほどおいたら洗い流します。

 

ヘナで染めた髪の毛はパーマのあたりが悪くなります。これはヘナの成分によって髪の毛がエステル化することでおこります。ただし、一度のヘナによる染毛だけでエステル化することはありません。何度も繰り返し使うことで徐々に髪の毛の質が変化していきます。

ヘナと同じくらい安全なカラートリートメント

ノンジアミンで、天然の植物であるヘナと同じくらい安心・安全なのが、カラートリートメントです。各メーカーからいろいろなカラートリートメントが出ていますが、近ごろは色のバリエーションも増えてきて、明るい髪色にも対応できるようになってきました。

 

せっかく白髪染めするのに、真っ黒にしか染められないなんてちょっと悲しいですもんね。でも、白髪の量によって仕上がりの色味は多少変わります。白髪が多いほど思った以上に明るく仕上がりますので色を選ぶときにはちょっと注意しましょう。

 

カラートリートメントの主な成分は

 

植物由来の染色有効成分を中心に、ジアミン系染料ではない化学染料で発色を助けるのがカラートリートメントの染毛の仕組みです。

 

染色だけではなく、髪の毛にハリ・コシを取り戻したりキューティクルを保護する植物由来の成分や、それらのはたらきを促進させる化学成分が配合されています。

 

ただし、ジアミン系染料はもちろん、タール系色素・合成香料・シリコンなどを無添加にしているカラートリートメントがほとんどなので、配合されている『化学成分』は安心・安全と考えて良いです。

 

使い方や染まり具合

 

使い方は二通り。濡れた髪で使うか乾いた髪に使うかです。

 

濡れた髪で使う場合は、シャンプーをしてしっかりタオルドライしたら、白髪のとくに気になる部分からカラートリートメントを塗っていきます。全体に塗り終わったらタオルを巻くなどして保温しておけば色の入りが良くなります。5〜10分放置したあと色水が出なくなるまでしっかりすすぎます。

 

乾いた髪に使う場合は、放置時間を15〜20分にします。初回は乾いた状態で使うことをおすすめしているメーカーも多いので、商品を手に取ったら使い方の説明もしっかり読んでおきましょう。

 

また、カラートリートメントの染まり具合は一度でガツンと入るものではありません。思うような色味になるまでは毎回カラートリートメントを使ってみて下さい。良い色味になってきたら一週間に1〜2回、白髪の伸びる早さによっては二週間に1〜2回の使用でも十分です。

 

抜け毛予防や対策ができる

 

抜け毛の原因は頭皮環境の悪化です。とくにジアミン系染料が頭皮に残ることで毛穴に汚れがこびりつき、次第に頭皮が乾燥して健康な髪の毛を育てることができなくなってしまうんです。

 

カラートリートメントの成分はほとんどが天然のものです。配合されている化学成分も頭皮に対して刺激のない、または刺激の少ないもので、安心・安全な成分です。(もちろん、配合成分に対してのアレルギーを持っている場合はこの限りではありません。)カラートリートメントは抜け毛予防や対策をするのに最適です。

 

ひなたとママさん 32歳 普通肌 2017/6/13 13:04:38
ルプルプ ダークブラウン使用
白髪と抜け毛に悩んでいたバアバ。
以前、安い白髪染めで私がババの髪を染めてあげたところ、仕上がりはまぁまぁ気に入ってくれたのですが、その後、髪が更に抜けてしまったらしく…「もう2度と染めない!」と嘆いていたババ。(中略)何とかババを説得し、3日間、少しずつ染めてあげました( ゜ー゜)
綺麗なブラウンに染まり髪もシットリし、「ボリュームアップしてるー!」と、バアバも喜んで感動していました(*^^*)
抜け毛や白髪が気になるけど、これ以上髪が抜けるのはイヤ!と言う女性に、是非オススメしたいと思います♪大抵のヘアカラーにある嫌な臭いも、一切しませんよd(*´∀`*)b
参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/10034681/review/506159345

抜け毛対策に良いカラートリートメント4選

カラートリートメントには植物由来の成分が多く、抜け毛対策に良いとわかりましたが、実際にはどのカラートリートメントを使えばいいのでしょうか?

 

現在カラートリートメントは、実にいろいろなメーカーから販売されていて、配合されている内容も少しずつ違いがあります。

 

とくに人気の高い4品を選んでその特徴や値段など説明します。

 

レフィーネヘッドスパ

 

ヘッドスパと謳いながら白髪染めをしてしまうのが『レフィーネヘッドスパ』。レフィーネヘッドスパの染料はクチナシとアナトーです。クチナシとアナトーは、カラートリートメントの染料成分としてよく使われている一般的なものです。

 

レフィーネヘッドスパにはセンブリエキスなどの育毛成分が多めに配合されていて、オレンジ油・レモン果皮油・ライム油などがキューティクルを保護します。

 

レフィーネヘッドスパのカラーバリエーションは「ダークブラウン」「ライトブラウン」「マロンブラウン」「ローズブラウン」「ナチュラルブラック」の5色。

 

定期お届けコースで注文するとお得に購入できるクーポンが使えます。レフィーネヘッドスパトリートメントカラー300gのレフィルタイプを定期お届けコースで注文すると初回限定500円offで2,894円(税込)です。

 

ただし、レフィルなのでポンプがついていません。初回だけ206円(税込)の専用ポンプを購入しないと使えないんですが、合わせて買ってもお得です。

 

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー300gは初回購入・通信販売限定ですが、14日以内なら全額返金保証の対象になっています。細かな規定がありますので購入するときには確認しておきたいですね。

 

利尻カラートリートメント

 

テレビCMでも有名な利尻ヘアカラートリートメントは女性だけでなく男性からの人気も高い商品です。利尻ヘアカラートリートメントの染料もクチナシ・アナトーで、これにシコンやウコンといった染料も配合されています。

 

商品名にもある利尻昆布のエキスやミツロウなどの成分で髪にハリやコシを取り戻して、センブリエキスで育毛効果を高めます。

 

利尻ヘアカラートリートメントのカラーバリエーションは4色で「ライトブラウン」「ナチュラルブラウン」「ダークブラウン」「ブラック」から選べます。

 

利尻ヘアカラートリートメント200gの通常価格は3,240円(税込)ですが、初回購入特典として1本2,160円(税込)で購入することができます。1本注文の場合、送料540円(税込)がかかりますが、2本以上まとめて購入の場合は送料無料になる上に専用コームまでついてきます。夫婦で、母娘で、一緒に使えばお得ですね。

 

利尻ヘアカラートリートメントには全額返金保証はありませんが、未使用分であれば10日以内の返品を受け付けています。ただし、送料はこちらもちなのでご注意を。

 

ルプルプカラートリートメント

 

女性に人気の高いルプルプは青と緑のパッケージが綺麗なカラートリートメントです。ベニバナ・クチナシ・アイを染料として使っています。

 

ルプルプカラートリートメントはガゴメという昆布のエキスを配合していて、髪にハリとコシを与えます。また、キトサン・ラベンダー油・ローズマリー油などがキューティクルを保護します。

 

ルプルプカラートリートメントは「ダークブラウン」「ブラウン」「モカブラウン」「ソフトブラック」の4色があり、2017年12月にリニューアルしたばかり。ますます染めやすく退色しにくく改良されて、お値段据え置きです。

 

ルプルプカラートリートメント200gは、通常価格1本3,240円(税込)ですが、2本定期便キャンペーンなら、初回は2本購入で1本分の値段になります。実質1本無料なんです!2回目以降も10%offの5,832円。これはお得ですよね。

 

しかも、全額返金保証の対象になっているので、10日以内に電話連絡が必要ですが、使用済の商品も返金してもらえます。

 

マイナチュレカラートリートメント

 

女性専用育毛剤やスカルプケアシャンプーで有名なマイナチュレから満を持してカラートリートメントが発売されます。

 

アシタバ・ウコン・フユボダイジュといった植物由来のものと、オレンジラフィーという魚から取れる油を染料として使っています。今までの染料と少し違いがありますね。

 

元々育毛に力を入れていた会社のカラートリートメントだけあって、マイナチュレカラートリートメントは白髪染めやトリートメント(ヘアケア)だけでなく、スカルプケアやエイジングケアをも視野に入れたものになっています。

 

色味は「ダークブラウン」と「ブラウン」の2色。カラーバリエーションはありませんが育毛しながら白髪染めしたいならマイナチュレのカラートリートメントがおすすめです。

 

こちらは3/1に発売されますので、絶賛予約受付中です。先行予約で手配しておけば優先的に発送してくれるので、発売してすぐに試してみることができます。マイナチュレカラートリートメント200gは1本4,298円(税込)ですが、2本セット定期コース(同色に限ります)の予約で3,650円(税込)2回目以降は7,300円(税込)となります。

 

しかし、マイナチュレは定期コースと謳っていますが、よくある『しばり』がなく、すぐに解約することもできます。また30日間もの長い期間全額返金保証の対象となりますが、商品と明細書を用意の上電話連絡が必要ですので念のため明細書はきちんと保存しておきましょう。