抜け毛や薄毛が気になる人のヘアカラー対策!

白髪染めのヘアカラーをしたいけど、薄毛がひどくならないか心配…。そんな風に感じたことはありませんか?

 

抜け毛が増えたことで髪のボリュームが無くなってきたと悩む人は、薄毛の進行が心配で、白髪を染めるのも怖いという人は多いです。

 

ヘアカラー剤の刺激は頭皮や髪にダメージを与えるけれど、白髪を染めずにそのままにしておくのもつらいですよね。

 

抜け毛や薄毛が気になる女性の白髪染めヘアカラー対策

  • ヘアカラーで本当に薄毛は進行するの?
  • 頭皮環境とヘアカラー
  • 頭皮を傷めず白髪を染める方法

 

女性の髪は加齢とともにボリュームが無くなって抜け毛が増えていきますが、その原因には女性ホルモン「エストロゲン」の分泌減少が影響しています。

 

エストロゲン

>エストロゲンは20代が分泌のピークですから、女性の髪は20代の頃が最も豊かな状態です。

 

20代後半でピークに達したエストロゲンの分泌は、30代から40代にかけて徐々に減っていき、50歳前後になると急激に減少します。

 

このエストロゲンの減少にともなって頭髪の抜け毛が増え薄毛の症状が出始めるのです。

 

ただ、女性の抜け毛や薄毛にはストレスや体調不良なども大きく影響を与えていて、髪や頭皮のダメージになるヘアカラーやパーマも例外ではありません。

 

|ヘアカラーに含まれるジアミンなど刺激成分が原因で薄毛が進行!

 

一般的な白髪染め用のヘアカラー剤には、ジアミンという繰り返し使うとアレルギーを発症しやすい刺激成分が含まれています。

 

また、過酸化水素で、髪の組織を破壊し、色素を抜くことで髪にしっかり色を入れられる仕組みになっています。

 

髪の組織を一旦壊すというヘアカラー剤本来の働きは髪を永久的に染めるためには必要なことですが、副作用もあります。

 

ジアミンの副作用

  • 頭皮や髪にダメージを与える
  • ジアミンアレルギーを起こす可能性

 

薄毛

ヘアカラー剤に含まれる成分が原因で頭皮環境が悪くなってしまうと、髪がやせて切れ毛や抜け毛が発生したり、毛根の元気が無くなって新しい毛が生えにくくなります。

 

ヘアカラー剤で繰り返し使うことで、結果的に抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

 

自宅で自分でヘアカラーをするよりは、美容院で専門の美容師に染めてもらう方が、高級なトリートメント剤で髪や頭皮を保護しながら白髪染めするので、まだダメージが少ないですが、それでも頻繁に行えば、頭皮トラブルは起こりえます。

抜け毛や薄毛を防ぐためには頭皮環境を健康に

白髪染めのヘアカラー剤は頭皮にダメージを与える成分が入っているので、薄毛が気になる時には避けておくべきです。

 

とはいえ、白髪が目立った状態を放置しておくのは気になりますよね。

 

抜け毛や薄毛が気になる時の白髪染め

  • 刺激が少ないヘアカラートリートメントを選ぶ
  • 週に1回サイクルで染める

 

ヘアカラートリートメントには、育毛効果のある成分も入っていて頭皮のダメージを防ぐこともできるので、安心して使えます。

頭皮にダメージを与ないヘアカラートリートメント

ヘアカラーで抜け毛や薄毛をひどくしないためには、刺激の少ない優しい成分が配合されたヘアカラートリートメントを選ぶのがオススメです。

 

頭皮がかぶれにくい白髪染め

  • ヘナや天然ハーブの草木染め・・・植物染料でしっかり白髪が染まる
  • ヘアマニキュア・・・髪の表面だけに色を入れる

 

使いやすさで判断すると、ダントツにヘアカラートリートメントの方がいいです。

 

お風呂に入る前に、素手で塗ることもでき、放置時間も15-20分程度、あとは入浴中にそのままシャンプーで洗い流すだけなので、毎週白髪染めする面倒さも結構慣れたら楽になります

 

髪や頭皮を健やかに保ち、その上、育毛効果も期待できる成分が入っているので、最近の40代からの女性に多く、芸能人やモデルの方も使っている人が多いのです。

 

髪は減らしたくないし抜け毛も改善したいというなら、カラートリートメントが使いやすくて続けやすいので、一番いいでしょう。

 

ヘナを使う人もいるけど、沢山の種類のヘナがあり、選び方や扱いがとても面倒なので、専門知識がないと継続は難しいです。