ヘナの選び方が難しい!純粋なヘナで白髪を染める手間がスゴイ!

白髪染めを繰り返して使用している人が気になるのは、やっぱり髪や頭皮の痛みです。

 

化学成分を使ったヘアカラーのメリットは効果が高いということです。

 

でも体のことを考えると、やっぱり自然派由来のものが安心です。

 

自然派由来の染料の特徴

  • 髪の毛を痛めない
  • 体に優しい

 

ヘナ

その代表が天然植物染料の「ヘナ」です。

 

ヘナで髪の毛を染色すると美しいオレンジ色に染まり、比較的効果が長く続きます

 

白髪染めをヘナに切り替えようかなと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

ヘナを使った白髪染めは、普通のヘアカラーとは色々と違う点があるので注意が必要です。

 

ヘナの特徴

  1. 髪に優しいヘナってどんなもの?体に優しいのが嬉しい!
  2. ヘナのデメリットは時間と手間!慣れるまでは大変!
  3. 白髪が少ない人には向かない?ヘナの染め上がりが不自然になってしまう人の特徴!
  4. 体に優しい白髪染めがいいけどヘナは大変…そんな人はヘアカラートリートメント!

髪に優しいヘナってどんなもの?体に優しいのが嬉しい!

ヘアカラーの染色方法

  1. 化学薬品を使ってキューティクルを広げる
  2. メラニン色素を無理やり脱色する
  3. 染料を髪の中に入れる

 

髪が傷む

ヘアカラーは酸化染料のジアミン系染料や、脱色剤として過酸化水素が使用されるので、髪の毛や頭皮が傷む原因になります。

 

さらに、ジアミン系染料は頭皮から体に吸収され、少しずつ体の中に蓄積されていき、ひどいアレルギーを起こしてしまう可能性もあります。

 

クレオパトラ

ヘナは、アジアやアフリカに自生しているミソハギ科の木からとれる染料で、クレオパトラがマニュキュア代わりに使用していたという言い伝えがあるほど、歴史のある染料です。

 

ヘナの染色方法は?

オレンジ色の色素(ローソン)が髪の毛を構成するケラチンと結びつくことで、髪の毛を染めます!

ローソンと結びついたケラチンは非常に丈夫になります。

 

化学染料のように髪の毛を傷めることなく、しっかりとしたコシのある髪の毛になってくれます。

ヘナのデメリットは時間と手間!慣れるまでは大変!

ヘナのメリット・デメリット

メリット

  • 体に優しい
  • 髪を傷めない
  • 髪にコシがでる

デメリット

  • 時間や手間がかかる
  • 染色後2〜3日の間は独特の草木の臭いがきつい
  • 染色後数日は色落ちしやすい

 

自宅や美容院でヘアカラーをする時の、髪の毛を染めている時間は長くても数十分程度です。

 

ヘナは染めるのに2〜3時間かかります!

 

染料やタオル、ヘアマスク、新聞紙などの準備と後片付けも含めると、4時間以上になることも!

 

天然由来の染料なので時間がかかるのは仕方がありませんが、初めて使うときは驚いてしまうかもしれま。

 

中には数十分で染まることをアピールしているヘナもあります。
純粋なヘナ100%ではなく、化学染料が配合されているので注意しましょう!

白髪が少ない人には向かない?ヘナの染め上がりが不自然になってしまう人の特徴!

ヘナで白髪を染色するとオレンジ色〜茶色の明るい色に染色されます。

 

メラニン色素が豊富な黒い髪の毛は、ヘナで染色しても明るい色にはなりません

 

全体的に白髪が少ない人がヘナで白髪染めすると、白髪だけが明るく染まってしまって、染め上がりが不自然になってしまいます。

 

ヘナの白髪染めにむいているのは?

髪の毛がほとんど白髪になってしまった人です!

髪の毛全体がオレンジ色〜茶色に染まり、黒髪と混じって自然なまとまりのある染め上がりになってくれます。

 

黒〜茶色に染まるヘナと言うのも販売されていますが、純粋なヘナ100%ではなく化学染料が配合されているので注意しましょう!

体に優しい白髪染めがいいけどヘナは大変…そんな人はヘアカラートリートメント!

ヘナのデメリット

  • 時間や手間がかかる
  • 匂いが強い
  • 白髪を黒く染めたい
  • 白髪の量が少ないので不自然に目立ってしまう

 

デメリットが気になる人は無理にヘナを使わず、代わりにヘアカラートリートメントを試してみるのも一つの手です。

ヘアカラートリートメントの特徴

  • 強い薬剤が使われていない
  • 天然由来成分が配合されている
  • 髪の毛や頭皮を痛めない
  • 白髪を黒〜茶色に染めることができる
  • 1週間から10日使い続けると白髪が目立たなくなる

 

ヘアカラートリートメントの染める時間は長くても数十分です。

 

臭いも無香料〜天然香料のものが多いので、ヘナの時間や臭いが気になる人でも気軽に使うことができます。

 

人気のヘアカラートリートメントランキング

 

ヘナは天然植物由来の染料なので体に優しいのがメリットです。

 

でも純粋なヘナ100%の染料を使うと、時間や手間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

一度慣れてしまえばいいのかもしれませんが、初めてヘナを使うという人は慣れるまでが結構大変です。

 

「自分にヘナは合わないな」と感じたら無理にヘナを使う必要はありません。

 

そんな時はヘアカラートリートメントなど、髪の毛や頭皮に優しい白髪染めを代わりに使用するといいでしょう。