ヘアカラートリートメント体験後

どの白髪染めヘアカラートリートメントにも言えることなのですが、効果を最大限に得るために注意したいことは以下の4つです。

 

これらのポイントを意識することで、きれいに染まった髪をより長持ちさせることができるんですよ。

 

  • シャンプー前の乾いた髪に使う。
  • ハケを使って生え際からしっかり、たっぷり塗る。
  • 放置時間を、表示よりも長くとる。
  • 放置している間、シャワーキャップで覆って湯船に入ったりなどして温める。

 

 

使い始めの最初のころは、毎日使うことがのぞましいとありますが、当サイトで紹介している白髪染めトリートメントは、定期的に1週間に1回染めれば十分です。

 

もし、初回で色があまり入らなかったという人は、ハケを使わずに指だけで塗ったのが原因かもしれません。メーカーに売っているハケブラシは1000円くらいするので、100円均一で売っているハケを使ってもOK.染料もケチらずにたっぷりとべったり塗ってください。

 

塗り終わったら、シャワーキャップがない場合はタオルでもいいので、包んで、湯船に入り、温熱効果でキューティクルにじんわりと色が浸透するようにするのがポイント。

 

忙しくてゆっくり湯船に入れないという人は、染料を全て塗ったあとに、髪の上から、ドライヤーで温風を当ててください。

 

あたため効果で、これも色がよく入りますよ。

 

ヘアカラートリートメントを使い始めると、美容室でのヘアカラーが染まりにくいとか、パーマがかかりにくくなったりの難点がありますが、これは、髪1本1本にコーティングされた状態になるので、パーマ液などが浸透しにくくなるというのが原因です。また、白髪染めトリートメントで染めた直後に美容室に行って、ヘアカラーをするのもやめたほうがいいです。染料が全く違う種類のものなので、運が悪いと化学反応を起こして色が変色してしまうことがあります。

 

せめて、1週間-10日くらい開けてから美容室のカラーをしてくださいね。