ヘアカラートリートメントで使いにくいと思うポイント

白髪染めトリートメント 染まらない

いくら抜け毛が多くて薄毛になるのが心配だからといって、やみくもにヘアカラートリートメントを買って使いこなせないと意味がありませんよね。

 

はじめのうちに、ヘアカラートリートメントを使い始めて、どんな不満があるのか知っておき、自分に置き換えて考えてから購入するのがいいですよ。

 

いろいろな肌質や髪質の人がいて、そのすべての人に一様に適した製品というのはなかなか難しいものです。

 

それでも、ヘアカラートリートメントは効果も穏やかだし、成分も自然のものが多く含まれているので、合わない人のほうが少ないはずです。

 

その中でも、やっぱり使えないって思うデメリットはなんでしょうか。

 

ヘアカラートリートメントでの多い苦情は?

  • 白髪の染まりが悪い
  • よくすすいだつもりでもタオルに色がついてしまったりする
  • 肌が痒くなり合わない

3番目の肌に合わない、以外は、どれも個人の努力次第で改善することができますよね。

 

染まりが悪ければ放置時間をたっぷりととったり、染料を塗った後に温めてみたり、シャワーキャンプをするなどで、ほとんどが解決できるのです。、あた、すすぎも必要以上にしっかりしておかないと、タオルにつくことよりも、頭皮に染料が残ってるほうのが心配です。

 

頭皮は常に清潔な状態にして、皮膚呼吸ができるようにしていないと、更にダメージを大きくしてしまう可能性があるかもしれません。何度もすすいで、キレイにすすぎの水が澄んでくるまで流しましょう。

 

ただし、肌の弱い人は、成分に刺激性のものがなくても、天然の植物の成分でも体に合わないと、その1種類だけに負けて影響がでる場合あります。

 

事前にパッチテストを行うなどして、肌に悪影響のない使い方をするのがオススメです。

ヘアカラートリートメントランキングで白髪染めを探す