LPLPと利尻どちらが染まりやすいか比較

ルプルプの主成分は、「ガゴメ昆布」で、利尻昆布ヘアカラーの主成分は、「利尻昆布」です。

 

ルプルプと利尻昆布

 

ルプルプと利尻昆布

両者の決定的な違いは、仕上がり方、といえるでしょう。ガゴメ昆布の現物は非常にヌルヌルとして強烈な粘り気があるんです。ルプルプは、この粘り、ぬめりを保湿成分として有効活用しているというわけなんですね。

 

一方、利尻昆布の特徴は、ミネラルが豊富であることと、髪の補修力に優れていいるという点です。髪をより健康にしたい場合、しっかりコシのある髪にしたい場合は利尻昆布ヘアカラーを、また、しっとりと、割と柔らかめの仕上がりを目指したい方は、ルプルプを選ぶとよいでしょう。

 

2つの白髪染めを比較

  • 利尻昆布ヘアカラーは、PH値がほぼ中性でルプルプは少し高め7-8
  • 利尻昆布ヘアカラーは3色、ルプルプは4色
  • 完全天然成分は利尻昆布、染まりやすさはルプルプ

 

染まりやすさとしては、ルプルプを選んだほうが、若干成分に強めの染料を使用しているので、染まりやすいですが、市販のヘアカラーや美容院の白髪染めとは全く違うので、ほとんどが天然成分と思っていいでしょう。

 

頭皮が赤くなっているなど既にアレルギーがある人は、ちょっと注意したいので、完全天然成分の利尻昆布ヘアカラーを選ぶのが良いでしょう。

 

似ているように思われがちな二つの製品も、少しずついろいろなところで違いがあるんですね。

 

利尻昆布ヘアカラーは、製造に使われている水にもとくにこだわっており、分子がものすごく小さい特殊水を使用しています。分子を小さくすることで、より髪への浸透をしやすくしているんですね。今月末までは、利尻昆布ヘアカラーは初回購入のみ1000円引きでお得に買えます。

 

 

ルプルプ白髪染めした口コミ

 

利尻昆布の口コミレビュー