カラートリートメントとカラーシャンプーは妊婦でも安心して白髪染めできる?

妊婦の白髪染め

きれいに染まった髪は見ていてオシャレですが、オシャレより大事なのはやはり健康です。

 

妊婦さんにとって自分の健康はお腹の子どもの健康にもつながりますから、白髪を染めるにも注意が必要です。

 

では安心してできる白髪染め方法ってどんなものでしょうか?

 

妊婦さんが安心して使えるカラートリートメントとは?

 

妊婦さんにおすすめしたい白髪染めの一つが(ヘア)カラートリートメントです。

 

妊婦の白髪染め

ヘアカラーは永久染毛剤とも呼ばれて、髪の脱色&染色という過程で発色の良い白髪染めができますが、リスクの高い「ジアミン」などの成分を利用していることが多く、妊婦さんでなくても刺激が強いので避けた方が良いと言われています。

 

一方カラートリートメントはこうした成分を配合していません。一般的に天然成分にこだわっていて防腐剤や酸化剤、タール系色素、鉱物油など、体にリスクが疑われるものが無添加です。

 

妊婦さんのように、白髪染めが敏感になっている肌に及ぼす影響が気になる人にも安心です。使い方もとても簡単で、1週間に1,2回シャンプー前や後にトリートメントを塗って少しずつ染めていくだけです。

 

自宅で出来ますし放置時間も20分前後くらいで出来てしまうので、特に身重の妊婦さんにはお手軽です。

 

しかもトリートメントというだけあって髪のケアに役立つ成分が含まれています。例えば「ケラチンPPT」という髪にハリ、コシを与える成分や、「コンキリオンPPT」というツヤを与える成分など、妊娠中でも健康な髪づくりを欠かしたくない女性にはうれしい成分が配合されている商品もあります。

 

使うほどに白髪は目立たなく、髪はもっと元気にというお得感で、カラートリートメントは多くの人に支持されています。

 

妊婦さんが安心して使えるカラーシャンプーとは?

 

妊婦の白髪染めシャンプー

 

カラーシャンプ―」は、ヘアカラートリートメントと似ていて、使うたびに白髪が染まっていくという白髪染めです。

 

シャンプーを毎日するという人はたくさんいますが、普段のシャンプーをカラーシャンプーに代えることで、洗髪と白髪染めを同時にできるという便利なシャンプーです。

 

シャンプーですから素手で使えますし、頭皮にも優しく白髪を目立たなくできるのがメリットです。すぐには染まらずある程度時間をかけて白髪を目立たなくするので、多少根気が必要ですが、逆に言えば洗いながら染める白髪染めなので、自然な染まり方になると言えます。

 

 

利尻カラートリートメント&カラーシャンプーで白髪染め

 

ヘアカラートリートメントもカラーシャンプーも白髪染めで人気がありますが、どちらもヘアカラーと比べると長持ち(染め持ち)がしないというデメリットがあります。

 

妊婦の白髪染めシャンプー

 

でもヘアカラーとは違って髪や頭皮を傷めないというメリットがあって、そのほうが大事なことです。

 

また少し工夫すればこれらの白髪染めでも効果の持続を高めることができます。その工夫はカラートリートメントとカラーシャンプーを両方一緒に使うことです。

 

例えば人気が高い「利尻昆布」シリーズのカラーシャンプーを使って毎日白髪を徐々に隠していきます。さらに週に1,2回利尻カラートリートメントを髪の毛に塗ることで、天然色素の定着をさらに高めることができますし、色持ちも長くすることが可能です。

 

利尻カラーシャンプーはノンシリコンなので、シリコンシャンプーのようにカラートリートメントが髪表面に付着することが邪魔されることもありません。

 

どちらの商品もたくさんの天然植物エキスや「シルクPPT」や「ケラチンPPT」などのダメージ補修成分を含んでいるので、使うほどにヘアケアがダブルでできるのもポイントです。

 

妊婦さんにとってまず大事なのは白髪染めの安全性ですが、それを確保したうえでトリートメント効果もあるのはうれしい点です。もちろん使う際にはパッチテストを行うのがベストですが、手軽に気軽に白髪染めをするなら、ヘアカラーではなくこれらのタイプの製品を使うのが安心です。
利尻昆布の口コミレビュー!ナノ化革命

 

利尻カラートリートメントが妊婦さんの白髪染めに人気な理由

 

「利尻昆布」ヘアカラートリートメントは、1,500万本以上を売り上げている大ヒットの白髪染めで、妊婦さんの白髪染めにすごく使われていて人気です。理由はやはり何と言っても安全性が高いことです。

 

ヘアカラーではよく問題になっていて危険視されている「ジアミン系成分」が入っていません。肌が敏感になりがちな妊娠中の期間にもかぶれを気にすることなく白髪染めができます。

 

人体に良くないとされる香料や防腐剤も無添加なので、経皮毒が心配な人にも安心です。色素はタール系のものではなく、「シコン」や「クチナシ」「ウコン」といった植物由来のものを使っています。

 

またぬめり効果のある「フコイダン」や「アルギン酸」といった保水、保湿成分が配合されているので、白髪染めと一緒に髪のケアもできるとあって人気になっています。

 

利尻昆布の口コミレビュー!ナノ化革命

 

ルプルプカラートリートメントが妊婦さんの白髪染めに人気な理由

 

「ルプルプ」も利尻昆布ヘアカラートリートメントと同様、昆布の力に注目した白髪染めです。楽天以上での評価が高く、様々な商品カテゴリーで1位に輝いた実績もあります。

 

利尻のように様々なリスク成分が無添加です。ジアミン系のものはもちろん、タール系色素も鉱物油も使っていません。逆に「フコイダン」が添加されていて、その粘り成分によって髪と頭皮の保護の役目を果たします。

 

昆布を触った時にネバネバとしますが、あの粘り成分によって頭皮に適度な保湿状態をキープしてくれるわけです。

 

またルプルプには水深612メートルという深い海から取った、ミネラル豊富な海水が配合されています。海洋深層水とはよく聞くワードですが、地表近くにないので汚染されていません。

 

またルプルプはアレルギーやパッチテストを経て開発されていること、合成香料ではなく天然精油にこだわっていることなども、デリケートな母体を気にする妊婦さんにとって優しい商品になっています。

 

ルプルプ白髪染めした口コミ(モカブラウン体験)

 

カラートリートメントで無添加で安心な成分を選ぶ方法は?

 

リスクの少ないヘアカラートリートメントを選ぶうえでまずチェックしたいのは「ジアミン系成分」の有無です。「パラフェニレンジアミン」が有名ですが、「パラトルエンジアミン」や「ニトロパラフェニレンジアミン」などもあります。これらの成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。

 

また「パラベン」は防腐剤の一種ですが、場合によって吐き気や発疹を起こす可能性があります。

 

また「パラフィン」は接触時間が長いと湿疹を招く可能性もあります。こうした成分が無添加なものを選ぶのが無難です。

 

ヘアカラートリートメントでの白髪染めはヘアカラーと比べると安全性はずっと高いですが、それでも必ずしも全ての人にとってアレルギー反応が出ないとは断定できません。

 

こればかりは個人差があるので、実際にパッチテストをすることで最終的な使用感が分かります。それでもある程度商品の成分を事前にチェックしてから購入することで、リスクを下げることはできます。

妊婦さんが安心な白髪染め!カラートリートメントとカラーシャンプー関連ページ

妊婦の白髪染めで市販のヘアカラーはNG!安心の毛染めは?
妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいることやアレルギーを起こしやすいので、危険な薬剤が入っているヘアカラーはおすすめできません。白髪染めしたい妊婦さんには、ジアミン系染料無添加、無香料・無鉱物油・ノンアルコールのヘアカラートリートメントがおすすめです。
妊婦さんの白髪染めはいつからダメでいつまで?
妊娠期間中はとにかくデリケートな時期です。ところでこの時期の白髪染めにはいろいろとデメリットがあるって知っていましたか?ヘアカラーのリスクについていくつかの点をあげてみました。
妊婦さんが手軽に白髪染めできるトリートメント
ヘアカラートリートメントは、簡単に自宅で白髪を染められるということで人気になっています。妊娠中のカラートリートメントの使用についての口コミや選び方について見てみましょう。
妊婦さんの白髪染め口コミ!先輩がおすすめする毛染め
妊娠中でも白髪は隠したい!」という人には、安心度が高いヘアカラートリートメントでの白髪染めがおすすめ。理由は妊婦さんの口コミでも評判であることで先輩妊婦の声を紹介。
ヘナで染める白髪染めのメリットデメリット
妊婦さんで白髪が気になる人はヘナで染めるのがよい?メリットデメリットを紹介します。