妊娠中の白髪染めの危険!妊婦さんが使える安心なヘアカラーとは?

妊婦

妊娠すると、ママは色々と気を使うことが増えますよね。

 

ママの血液は赤ちゃんの体内にも取り込まれるので、赤ちゃんに影響しそうなものは体に入れないのがベターです。

 

特に食べ物や飲み物、薬などには気を付けるという妊婦さんが多いですが、妊婦さんたちが、意外と見落としてしまいがちなのが「ヘアカラー」です。ヘアカラーに使われる薬液の中には体に有害なものもたくさん含まれています。

 

そして、薬液の一部は頭皮を介して妊婦さんの体の中に取り込まれています。それって、赤ちゃんを危険にさらしているとも言えますよね?

 

もちろん、妊娠中はヘアカラーをしない方がいいです。でも白髪が気になる場合、10カ月もの間白髪染めしないわけにも行きません。

 

妊娠中のヘアカラーは避けた方がいいの?妊婦さんや赤ちゃんに影響のある成分はなに?

ヘアカラーは発色がよく、効果が長持ちするので愛用する人が多いですよね。

 

なぜ妊娠中はヘアカラーには気をつけなくてはいけないの?

赤ちゃんがお腹の中にいることに加えて、妊娠中は普段よりもアレルギー反応を起こしやすいから!

妊婦さんの体の中では、自分ではないもの=赤ちゃんが10カ月もの間存在するわけです。

 

その間は赤ちゃんにも自分と同じように酸素や栄養を与える必要があり、赤ちゃんを攻撃してしまわないために、妊婦さんの体は免疫が非常に弱くなってる状態です。

 

アレルギー物質に対する免疫力がいつもより弱っているので、妊婦さんは妊娠前よりもひどいアレルギーを起こす可能性が高いのです。

 

ヘアカラーの薬剤

  • 過酸化水素・・・・・髪の毛の色を脱色する
  • ジアミン系染料・・・発色をよくする

 

特にジアミン系染料は、発がん作用が指摘されていて、欧米ではすでに使用が禁止されているほど危険な薬品です。

 

そんなものが頭皮から血液中に入ってしまったら…考えるだけで恐ろしいですよね。市販のヘアカラー剤以外にも、美容院で使われるヘアカラー剤にも、ジアミン系染料が含まれています。妊娠中は出来るだけヘアカラーをしないようにしましょう。

妊娠中に白髪が気になる…そんな時は白髪染めヘアカラートリートメントが心強い!

妊娠中でも白髪染めをしたいという人は、ジアミン系染料や、アレルギーを起こしやすい成分が入っていないものを使いましょう。

 

妊婦さんにおすすめの白髪染めは、ヘアカラートリートメントです!

 

ヘアカラーと違って染まり方は永久ではないですが、1回染めれば1週間程度染め持ちが続く白髪染めがあります。自宅で簡単に染めることができ、染料はすべて天然染料なので、安心して使えます。

 

ヘアカラートリートメントを選ぶポイント

  • ジアミン系染料が入っていない
  • 無香料(アロマの香りが入ってるのもあり。)
  • 無添加
  • ノンアルコール

 

カラートリートメントの使い方

  1. シャンプー後にタオルドライした髪の毛や、乾いた髪に直接塗る
  2. 20分ほど放置する
  3. 洗い流す

 

一度染まってしまえば1週間に1回程度の使用で効果が継続しますので、結構使いやすいです。手についた染料も石鹸で洗うとすぐに落ちます。

 

初めて使うヘアカラートリートメントにおすすめ
<ルプルプモカブラウンで白髪染め 口コミ>

 

なかなか外出できない妊婦さんにとっては、美容院に行く手間がかからないのも魅力ですよ。妊婦さんのヘアカラーは赤ちゃんだけではなく、自分の体も危険にさらしてしまいます。

 

生まれてきた赤ちゃんに万が一何かあったら…直接の原因ではなくとも、「あの時ヘアカラーしたせいかも」と自分を責めてしまうかもしれません。後悔する原因を作らないためにも、妊娠中は出来るだけ白髪染めはヘアカラートリートメントを選ぶといいですね!