白髪を抜くとデメリットがいっぱい!抜かずにケアする方法とは?

白髪抜く

白髪を見つけたら、気になるからその場で抜いてしまうという人は意外にも多いです。

 

白髪を抜いても減らないという話をよく聞きますが、減らないどころかもっと増やしてしまうことあります。

 

 

白髪を抜くことのデメリット&抜かずにケアする方法

  • 白髪は抜いたら増える?
  • 白髪を抜いた時のデメリット
  • 白髪を見つけた時にやるべきこと

 

ふと鏡をのぞいた時に白髪が一本目立っていたら、ついつい引っ張って抜いてしまいたくなるものです。しかし、そこでブチッと抜くと毛根に大きなダメージを与えることになります。

 

何気なく白髪を抜いた時、毛根では何が起きるのでしょうか?

 

 

|白髪を抜いたら増える?減る?

 

白髪を抜いても減るわけじゃないから、抜かない方が良いというのは有名な話ですよね。白髪は毛根の色素細胞が加齢などによって弱ってしまうことが原因で発生します。

 

毛抜き

>なので、生えている白髪を抜いても同じ毛根からはほとんどの場合また白髪が生えてくるのです。

 

時には黒い毛が生えてくることもありますが、弱ってしまった色素細胞がまた復活するのは難しいです。

 

また、、白髪を抜いてしまったことで毛根周辺に大きなダメージを与えているので、白髪は減るより増えると考えた方が良いでしょう。

毛根の炎症から薄毛に進行する?!白髪を抜くデメリット

白髪を抜く時は少し痛みがあるものの、特に悪い影響は感じないため気軽に抜いてしまう人もいますね。しかし、白髪を毛根から抜いてしまうのは、皮膚の組織や毛細血管に想像以上のダメージを与えます。

 

白髪を抜いたときのトラブルって?

  • 傷んだ毛穴が雑菌などに感染しやすい
  • 毛嚢炎(毛包炎)という皮膚病になることがある
  • 毛母細胞や毛乳頭が破壊されることで薄毛になる

 

髪の毛は1つの毛穴から1本ずつ生えていると誤解している人もいますが、実際には1つの毛穴から3本くらい毛が生えているため、1本白髪を抜いて毛根を痛めると周辺の健康な髪にもダメージを与えてしまうのです。

白髪が気になるときは抜かずに切る!

白髪を抜くことのデメリットは数々あるので、いくら白髪が気になっても抜くべきではありません。でも、どうしても気になってどうにかしたいという時は、抜かずに根元から切るようにしましょう。

 

はさみ

切るだけなら毛根にも頭皮にも何もダメージを与えず、見た目にも白髪が目立たなくなります。

 

ただ、切った白髪はすぐに伸びてくるため、目立つ前に白髪染めをしておくことをおすすめします。

 

長い白髪が目立っているのに気付いたら、手っ取り早く抜いてしまいたいものですが、後々のことを考えてガマンすることが大切です。

 

白髪が気になった時は切るか染めるかにして、頭皮や毛根にダメージを与えない方法でケアするようにして下さいね。